2015年12月31日木曜日

ごっちゃごちゃでとんでもなくヤバイ2015年だった。だからこそ・・・

大晦日、2015年も終わり。

当たり前だけど今年は絶対に忘れられない年になった。

大きな出来事は毎年山ほどある生活送ってるけど

それでも本当にめちゃくちゃ大きな出来事だった。



正直ね、今でもどう捉えて良いか分かってない。

起きたことで悲しみにくれるのは好きじゃないし

悲しんだところで誰も幸せにはならんって思うから

悲しむことはしない。

少なくともそれを人と共有したいとかは思わない。

他の人の悲しみは違う、全然共有して良いよ。

それによって救われたり元気が出たりするってのもあると思うし

あくまで自分の心の中だけの話ね。



俺は崖に落ちたり山にぶつかったりとかって事は結構平気

まぁそんなことばっかりやってきたからかも知らんけどね。

一番キツイのは

「なにもできない」とき

どうしようもない、とか仕方がない、とか

そういう時の無力感が一番キツイ。

だから

なんかしたい

って思う。

それが自分自身の救いでもあるから。



ROOTS FACTORYやMONSTARの今年最後のブログとか書こうとしてるんだけど

どうしても筆が進まない。

「今年もありがとうございました」

「大変お世話になりました」

以上の言葉があんま出てこない。



いっぱいあったんだけどね。

スゴイ事や楽しい事や嬉しい事や・・・

でもなんか「今年を振り返る」ってしようと思うと

どうしても進まない。



ほんで「やっぱ書くか」ってこのブログ書き出したら進む。

まとまってないしオチも何もないんだけど書きたい事が溢れてきて

「あっやっぱコレが一番ずっと心の中にあるんやな」って再自覚。



生まれた時から死にかけてて

大手術の末に奇跡的に助かった命

俺も小さかったから全然詳しくは覚えてないけど

何度も何度も聞いて育った。



身体は小さかったけどすごく元気で運動神経も良くて

でもお医者さんから激しい運動とかは止められてて

20年以上同じ家に暮らしてたやつ。

とてもブログには書けないような事もいっぱいやって

「悪い事いっぱい教えた」って怒られたりするし

この前も同級生に会って昔の話したら

自分でもびっくりするくらいアホな事してた。



音楽はちっちゃな頃からやってて

俺は椅子にじっと座る事ができない、みたいな理由ですぐやめたけど

ずっとバイオリン弾いて吹奏楽やって・・・

音楽を、楽器を弾くって事をずっとずっとやってたやつ。



高校くらいからか?

ギターを弾き出して、すぐ上手くなってた。



俺が17か18の時にスキーはじめてずっと北海道とNZと行き来してて

一応家にはたまに帰ってるみたいな状態やったけど

あの頃はよく一緒に飲んでた気がするw



21か22くらいでちょうど山降りてきた時に友達に誘われて

「バンドやろう」ってなって

信治も誘って一緒にやった。

2回だけだったかな?ライブしたの。

すっごい楽しくて、ちょうど時期だったのもあって

俺もそっからしばらくバンドやることになってやってたけど

信治の初ライブのメンバーは俺だったりする。



そっからあいつは「自分のバンド」を組んで

主催してたイベントに出てもらったりでたまに一緒にライブした。

あん時からめちゃめちゃカッコ良くて

すごくこっそり自慢に思ってたりしたw



あいつが一人暮らしはじめた頃には俺は起業してて

トラック持ってたのもあって引っ越し手伝った記憶がある。

東京行く時もなんか手伝ってた気がする。

あんま覚えてないけどw



そっからはほとんど会う機会も少なくて

でも頑張ってるって話はよく聞いてて

「おー頑張ってるなーいいねー!!」って思ってた。



たまに会ったりするくらいだったけど

やっぱり男兄弟ってなんか特別なもんがあって

何年か前に少し制服の人とモメた事があって
↑書けないから興味あったら直接聞いてw

些細なことやったんやけど笑えるくらいの連携っぷりで

「普段全く話さんのによくもまぁw」って思ったの覚えてる。



何年も会ってなくても1分で埋まる時間感てのがあって

めっちゃ仲良しとかって感じでは全くないんやけど

顔見ただけでどんなこと考えてる(悩んでるとかね)かとかすぐ分かる感じ。

でも分かってもお互い干渉しない、みたいな不思議な関係だった。



ちっちゃい頃はいつも一緒にいて一緒に遊んでた。

まぁ兄弟ってそんなもんやろうけどw

でも男兄弟にありがちな殴り合いとかのガチな喧嘩ってしたことなくて

誰にでも平気で嚙みつけたけどあいつにだけはなんかそういう気が起きないっていうか

不思議なバランスの兄弟やった。



去年の12/23に渋谷で見たのがあいつと直接会った最後。

その後は電話やメールなんかでやりとりはしてたけど会わず終いだった。



8/31になったばかりあの日、

夜中にブログ書いてたら気持ち悪い(ただ事じゃない)メッセージが入って

突然に起きた出来事を突然に知った。



すごく不思議なんやけど驚かなかった。

その日に書いてたブログは結局アップせず終いでいまだに下書きに眠ってるけど

それくらい気持ち悪い夜だった。



昼から夕方くらいまでペルー人のBBQパーティーに遊びに行ってて

家まで帰ってから酔いつぶれて寝てて宵のはじめくらいに目が覚めてから

なんとなく「ブログ書こう」って思って書き出したものの全くのらずで

書いちゃ消し書いちゃ消ししてた。



本当に気持ちの悪い夜で寝る気にもならなくて

普通だったら絶対起きてない時間にFBのメッセージを見るくらい。



なんで驚かなかったのかは自分でも分からないけど

逝ったことを知って「そうか・・・」って思った。

当たり前やけど悲しくないとかショックじゃないとかじゃないし

分かってたなんて言うつもりもない。



でもなんか「伝わった」んかもしらん。

「感じた」っていう方が近いんかな。

そっからあいつがお骨になるまで、

ほとんど涙も出なかったし悲しく思うこともなかった。

なんかスイッチ入れて(切って?)自分のやるべきだと思うことをただやった。

悲しんでる暇ないわって感じかな。

おかげでだいぶ救われたっていうか

自分自身の為にもそうしてたんやろうなって思う。



人生なんて「あの時ああしとけば」なんて事を考え出したらキリがないし

後悔や悔いなんてクソの役にも立たん

って思ってる。



でもそれは過去を振り返らないって事ではないし

反省や教訓はめっちゃ大事にしてる。

じゃなくて

で、どうする?が大事だってこと。



で、そのどうするを毎日考えてる。

信治のことがあって余計に強く思うけど

もうずっと昔からそれをずっと考えてて

毎日毎晩毎朝ちょっとずつ変わりながらも繋がってる。



2015年は本当に色々あって

一番大きいのはやっぱり信治の事だけど

他にも本当に色々な事がいっぱいあった。

MIDORI A GO GOでの出会いやタイでの経験、まちデコール

6mのテーブルや4mのDJブースつくらせてもらったり

仕事の幅というか可能性もすごく新しい領域をさせてもらえるようになった。

雑誌にも載せてもらったりラジオにも出してもらったり

ただでさえ賑やかな一年だったのに

信治のことがあった以降はもっと色んなことがごっちゃになってやってきた。

十何年ぶりの仲間と再び会うようになったり

今まで関わることのなかった人と知り合ったり

ショールームオープンしたり下北沢に店出したり

車事故って廃車になったりその後またひょっこり買ったり・・・



もうごっちゃごちゃでとんでもなくヤバイ一年だった。



正直まだ来年を迎える準備なんて全然できてなくて

でも来年はあと数時間でやってくる。

年が変わるって気の持ちようなだけだけど

どうでも良い事でもありすごく重要な事でもある



相変わらず全く収拾つかない文章になってるw



2015年は本当に色んなことがあったけど

たくさんの最高の仲間がいっぱい元気や勇気や機会をくれた。

俺もそんなのを返せる人間になりたいなって思ってる。

感謝の気持ちでいっぱいで、リスペクトの気持ちでいっぱい。

明日の不安は山ほどあるけど、それより大きな希望がいっぱい。



だからあえて言おうと思う。

2015年12月31日の23時59分59秒に、

「今年は最高の年だった」って。

そして1秒後には

「今年をもっと最高の一年にする!」

って自分に約束しようと思ってる。



阪井信明はまぁロクでもない人間やけど

そんな阪井信明に自信持って生きてる。

それともうひとつ自信持ってるのが阪井兄弟やねん。(妹もいる)

あいつの生き様の更新は止まっちゃったから

その分俺が更新していこうと思ってる。

もっともっとね。

あいつに再び会える日が

あいつと再び飲める日がいつになるかは分からんけど

その日その時まで

目一杯ぶっ飛ばして生きていきます。

俺は俺でしかないし、あいつの代わりなんてやる気はないけど

あいつに教えてあげたかった事や見せたかった事は沢山ある。

今はもうわざわざ電話したりメールしたりする必要もなくて

ただ俺がどうあるかだけで良くなった。

シンプルでよりハードル上がった。



今日のブログは特に誰に宛ててでもないな

自分自身へ宛てたブログなんだと思う。

あともう少しで節目の時がやってくるから

その前に書いておきたかったんやね。



阪井信明関係者のみなさま

今年は本当にたくさんお世話になりました。

来年もより一層はた迷惑で面倒臭い阪井信明になるかとは思いますが

大好きなみんなと共に楽しみ生きたいです。

どうか末永くお付き合いいただけますよう宜しくお願い申し上げます。

良いお年を!!




0 件のコメント:

コメントを投稿