2016年1月4日月曜日

信治の代わりに信治と共にシンジに会いに。

今やっと大阪帰ってきた。(2時半)

車で行こうかと思ったけど諦めた。

早起きして新幹線で行こうと思う。



明日は(もう今日か?)シクフェス。

シンジの最後のライブだと思ってる。

色んな人が色んな思いでやってるし参加してると思うけど

俺はそうなのかなって思ってる。



なんでか?とかよく分からん。

でもなんかシンジの最後のライブだって思う。

あいつの音楽はずっと残って欲しいし

聴かれ歌われ愛されて欲しいって思うけど

やっぱりケジメっていると思う。

節目っていった方が合ってるのかな?

なんせそういうタイミングなんやろうなって思う。



そしてそのタイミングにどうしても立ち会いたくて

行くことにした。

信治はずっとずっと俺の弟だし

いつまでも当然忘れることないし

今でもしょっちゅう忘れて「あっそうや信治に・・・」って思う時ある。

でもそれはあくまで阪井信治であってシンジではない部分なのかなって思ってる。



ミュージシャンとして、バンドマンとして、パンクキッズとして

あいつが駆け抜けたすごく短いでも長い長い濃い時間は

大きな意味がある事であって欲しいしそう信じてる。



でもどんな大きな素晴らしい意味のある時間であったとしても

それが悲しい出来事で止まってしまった以上

そのままずっと止まったままな事を望まないと思う。

動き出して欲しいだろうし

動き出すためには別のカタチってものが必要だと思う。

いつまでも悲しまれ悼まれるんじゃなくて

ただ愛されたいと思うだろうって思う。



そしてケジメのタイミングっていうのが今度のシクフェスだと思うし

それがシンジのLIVEのファイナルなんだと思う。



その後のことは全く知らない。

こうなったら良いなって希望はあるけどそれは1ファンと同じ思いであって

俺がどう望もうが進むべき道に進んでいく事だと思う。



シクフェスの事を聞いた時、すぐにシンジの最後のLIVEだと思った。

なんでとかないよ。直感。ただそう感じた。

そしてそれを「見届けたい」って思った。

どんな形かとかも分からんけど、とにかく「見届けたい」って。



信治の初ライブの仲間で対バン仲間でもあって

何よりもあいつの兄弟やから

あいつの代わりに見届けたいって思った。

なんか変やねんけどね。

最後のLIVEやったら代わりに見届けるって変やけど

でもなんかそんな感じ。

でもそれをするべきだって感じた。



答えはきっともうちょっとしたら分かる。

あと数時間もしたらはじまって

終わる時にははっきり分かると思う。

なんか絶対そうなんやろうなって思ってる。



明日が終わったら明後日がはじまる。

当たり前のことなんやけど今はまだそれが当たり前になってなくて

だから明日って日がとても重要なんだと思う。



俺だけじゃなくて明日のことを特別な日だって感じてる人すべてにとって

とっても重要な日なんだと思う。

そんな日にバンドマンだったらどうしたい?

どうありたい?かな。

ステージにいるべき筈だった自分だったらどうしたい?

人生なんて思い通りになることの方が少ないし

思い通りになることは重要じゃない。

でも「どうありたいか」にとってちゃんと向き合って生ききれるか

それはすごく大事な事だと思う。



明日はチッタに行くよ。

初めて行く場所だけど。

信治の代わりに信治と共にシンジに会いに。

意味わからんけどたぶんこれがすべて。

明日俺が行こうと思う、行きたいと思った理由。

とりあえずあと3時間、

おやすみ。











0 件のコメント:

コメントを投稿