2017年6月30日金曜日

The final day. 本当の最後の日。なんだかんだで大好きだった場所に、さよなら。

The final day.

今日は長いことお世話になった木津川の倉庫とお別れの日

6/30で明け渡しなので最後の掃除と荷物の搬出。



7/31の火事以来、なんと11ヶ経った。

毎日片付けてた訳じゃないけど、結構な時間と労力

そしてやってもやっても終わらない物量w



たくさんの人が手伝いにきてくれたり

お別れパーティーもやったけど

結局最後は自分たちでやるしかないからねw






鼻の中真っ黒になりながら、なんとか終わった。

片付けながら色んなことを思い出した。

ここに入ったのはもう10年以上前、

まだリサイクル屋さんをやってた頃で、

当時は勢いもお金もあったから

この倉庫を「ついでに」借りた。



延べ 150坪もある市内の倉庫を

「ついで」で借りるって

今考えるとすごいな、と思う。



でもその後「ここあるし」って事で

ここで家具屋さんをはじめて

いつの間にかROOT FACTORYが生まれて

気づいたら10年。



ひとりやふたりで木工やるには大きすぎる場所、

でも、「やりたいこと」の為に必要だった場所、

それこそ必死で守ってきた。






たくさんの家具をつくり

たくさんの人と出会い

たくさんのイベントをやった。



「楽しい」だけじゃ語れない経験。

そもそも維持するのに必死やったしね。

でも、間違いなくかけがえのない経験。



ここがなかったら今の俺はないし

みんなとも会えてなかった。

だからずっとこの場所は守っていこうって思ってたけど

去年の夏、火事があった。



大事なものがいっぱい燃えて

たくさんの残骸が残って

この場所で「家具をつくる」ことはもうできなくなった。



建て替えた後にもう一度入居って話もあったけど

解体して建て替えてる間待ってるなんてことができる筈もなく

新しい場所に移ることになった。

そっから片付け終わるまで1年かかるとは思わんかったけどw






もう新しいステージははじまってるし

なんせ半年以上もまともに仕事できなかったから

支払いやらなんやらでもう必死も必死w



ありがたいことにあちこちからご注文も頂いて

大忙しではあるんやけど

それ以上に背負いこむ事になったものがデカイからねw



そうして毎日バタバタしながらもなんとか片付けを進めて

ついに今日がその最後の日。

本当のFinal day.



燃え残った(真っ黒やし燃えた、のが正しい?)最後の荷物を

ルーツファクトリーカーに積み込んで

1年近くも続いた片付けが終わった。






重い重い鉄の扉、

火事の影響で最近ではバールかまして漕がないとピクリともしなかった扉、

「こいつを閉めるのもこれで最後か」とか思いながら

長いのか短いのかも分からないくらい疾走ったこの10年を思いながら

最後の全力を出して閉めようとしたその扉は、

まるで自分から転がるようにすっと閉まった。



まるで最後の別れを知ってるように。



今までありがとう。

もう見ることもなくなっちゃう(解体される)けど

ここで過ごした時間は決して忘れんよ。



カタチは無くなってしまっても

ここで起きたたくさんの奇跡は消えない。

いつまでも忘れない。



燃えた後の写真が最後やと恥ずかしいやろうから

火事の前に最後に撮った写真を貼っときます。

なんだかんだで大好きだった、この場所に

さよなら、今まで本当にありがとう。






2017年6月27日火曜日

おっさんよ大志を抱け!毎日パツパツでもウズウズとワクワクを☆

病院で友達に会ってきた。

ひっさびさに会うし出会って今までめっちゃ会ったわけじゃない。

というか、数回しか会ってないなw

でも何かすごく通じるもんを感じる大事な友達。

仕事でも遊びでもほとんど接点ないけどね。



今日は病院の日、

あっ俺のね。

鎖骨と手首のプレートを撤去する手術したその傷の経過診断。

なんと奇遇にも同じ病院に入院してる。



俺がFBで入院の投稿した時コメントくれて知った。

「病院行った時お見舞い行くわー」と言って

今日ちょうど病院行ったからお見舞い行ってきた。



お見舞い行ってきたって話なんやけど

俺がお見舞い行ったとかは結構どうでもいい話。



突然お見舞いに行って、

めっちゃ久しぶりに会ったのに、

なんか大昔から知り合いだったような時間を過ごした。



俺が一方的に感じてるだけなんかもやけど

なんかシンパシーを感じる友達。

腹筋が痛くなる(笑いのね)ツボとか

ワクワクしながら話す事とか、

仕事への向き合い方とか。



お見舞い行ったんやけど元気もらった。

そういう刺激をもらえる相手がいるのって良いよなって思う。



なんでか知らんけど

ここ数年そういう友達がめっちゃ増えた。

自分がそれに気づけるようになっただけかもしらんけどw



「頑張ってるなー!!すげー!!俺も頑張ろう!!」

とか

「うわー!!なんか悔しいーw」

とか

「こいつには(コレでは)絶対に敵わんな」

とかね。



まだまだ悟れるような歳ではないけど

折り返し地点を超えてる可能性は十分ある歳。

それも事故なく寿命?を無事に終えれての話。

明日生きてる保証はなくて

でも10年先の夢もあったりして…



そんな不安定なんだか安定期なんだか分からん歳になって

ウズウズしだしてる。

もう何年もやけどw



そのウズウズとワクワクを、

そろそろまた表に出したいなって思いだしてる。



そろそろまた転機なんやろな。

最近いろんな人に会いに行ってる。

もっともっとみんなに会いたい。

でも毎日パッツパツやから

みんなに会いに行くことはできない。



でも、「今かな?」って感じた時はすぐ行く。

そして他愛ない話して、

アホな話して、

エロい話して、

まだ夢見てる話をして…






おっさんよ大志を抱け♪






つまりはそういうこと。

今日もまた、めっちゃ楽しい時間を過ごした。



ありがとう!!






あっ今日それで終わったみたいに書いちゃったけど

これ朝の話ね!!

そっからあちこち走った後で淡路島行って

塗装作業してさっき帰ってきた。

ちゃんと働いとるでなっ!!

2017年6月25日日曜日

人生はワンチャン。すべて1度きり、やり直しも再戦もない。

一か八かの1発勝負と一点集中、

似てるようで全然違うと思う。



「失敗したらまたやり直せばいい」



確かにそれはその通り。

もし「失敗」だと自分で思うなら何度でもやり直せばいい。



でも、俺はこう思ってる。



人生はワンチャン。



説明するまでもないかもやけど、ワンチャンは one chance ってこと。

すべて1度きり、やり直しも再戦もない。

そう思ってる。



ただ、その「チャンス」ってのが1種類ではないってだけ

毎日毎日、なんなら毎分ごとにチャンス(機会)は転がってて

それがターニングポイントになるかどうかは自分次第。



「再戦」を挑んでる時は、

「再び」のつもりかもしれないけど、それは全く新しい別のチャンスだと思う。

だから「一瞬」ていうその儚い時間に、全身全霊全力でブッ込む。

いろんなやり方があって良いけど、俺はそう。



「イチカバチカ」ってのは似てるようで違ってて

それは「生きる」って重さをなめてるだけやと思う。

一瞬に賭けてるようで日々を逃げてるような感じかな。



10年、なんなら50年かけて、毎日毎日必死に努力して

「山場」のほんの一瞬、そこにすべてをぶつける。

そっちが本筋やと思う。



でも、その「山場」ってのは予告してやってくるものばかりじゃない。

いやむしろ予告なく「え?今?」ってタイミイングでくることのが多いと思う。



その瞬間を「ためらい」で逃すのは絶対嫌やなって思う。

「見送り」は別に良い。

それも立派な判断やから。

でも「え?え?え?え?」で終わる時間、それはまったく不毛やと思う。



ん?なんの話かって?

いや、別になんもないっす。

ただ、この前ふいに「あ!」って浮かんで

ここ数日考えてることがあるんやけど

それを考えてたらなんとなく書きたくなっただけw



あとは野となれ山となれの「1発勝負」

でなくて

その瞬間瞬間に命を賭けて全力での「1点集中」

でありたい。



人生はワンチャン。



2度目3度目があっても、

それは繰り返しじゃなく新しいチャンスなだけ…







血迷って彷徨って生きていこう!!おっさん達の1年半の次のターンは?バンドの話。

ええ、バンド、やってます。






いつの間にか1年半超えた。

このブログで「バンドやります!」宣言した記憶があるんやけど

なんか過去の記事を探しても見つからない。

確か「バンドやります!」って書いた筈なんやけどなぁ…

FBかTwitterかなんかやったんかなぁ



「やってるよ」って記事はあった。

でもその前、やり始める時に「やります宣言」した筈やねんなぁ…

ま、いっかw



そいでね、いつの間にか1年半超えた。

週に1回のスタジオ、みんな社会人、おっさん。

楽しく楽しく、でも結構真剣にやってる。



「真剣にバンド(音楽)をやる」っていうと

アルバイトしながらバンドを続けて、

「いつか!」っていう夢のために頑張る。

的なのが唯一みたいになってる気がするけど

違う形があって良いと思うねん。



俺は(俺たちは)社会人、つまり仕事してる。

音楽大好きやし、好きってことでは誰にも負ける気はしないけど

「全部を捨ててそれだけをやる」なんてスタンスではできない。

「できない」とか言ってるけど本当は「やりたくない」やわw



音楽はハッピーなものやと俺は思う。

世の中への不満や不条理へのFUCKをぶつけたり、

そういう「怒り」な部分も持ってるけど

それでもやっぱり目指すのは「Happy」なんやと思ってる。



その「Happy」をみんながそれぞれ

好きなように探して見つけられれば良いと思ってる。



ただそれだけで、ただそれだけがもっとも大切でかけがえないもの。

そう本気で思ってる。



で、俺はね。音楽が大好き。

でも、仕事(に結局なってるけどもともと大好きだけだったこと)が大好き。

家具を創る(作るではないw)ことが本当に大好きで

それを辞める気は一切ない。

でも、「それだけしかしない」人間であることが必須だとも思えない。



他のことをやるからこそ見える景色もあるし。

そして思いもかけないきっかけでバンドを十数年ぶりにはじめる事になった。

「バンドができる」ことがすごく嬉しかった。

だってバンドって一人ではできないから。



同じ価値観を共有できて、一緒にワクワクしながら何かをできる人

そんな人に出会えることってなかなかない。

年食えば食うほど会えなくなる。



でもそれが会え(再開し)ちゃって、それで今にいたる。

なんかね、ヤッバイくらい楽しいわw



気付けば1年半超えました。



みんな忙しい中、頑張って予定合わせて週一のスタジオを1年半。

ライブをすることもなく、誰かに聞かせることもなく、

1年半ずーっと曲つくってきた。



他のみんなは、なんやかんやずっと音楽に関わってはいたから

どっちかっていうと俺に合わせてくれてたくらいw



で、最近ね、やっとちょっと形になってきた気がする。

もちろん上手いわけじゃない。

「俺すげーねん!!」とかそんな話でもない。



なんか、「聴いてください」って言えるとこまではきたのかな?とか

そんな感じ。

「これが俺です!」って晒せると言うか晒したくなってきた、かな?



でね、その次、

「じゃあどうすんの?」ってターンに入った。

ライブする?

うん、したい。

めっちゃしたい。



でも、「なんでライブすんの?」



したいから。

うん、それで良い。それだけで良い。



でもね、なんか俺はそれじゃ嫌。



1年半、たかが1年半、されど1年半、

結構必死にやってきた。

誰にも見せず、誰にも聞かせず。



「なんのため?」

よう分からん。

でも、なんとなく誰にも聞かせたくなかった。

それは恥ずかしいとかっていうより

本当に大事にしてきたから。



人から見たらどう、とかそんなことは全くどうでも良いけど

「自分がこれじゃ嫌や」って思ったから。

ちょこっと、「良いかな」って思えるようになってきた。



で、どうする?



うん、どうしよう。

何がしたいんやろう?

社会人のおっさんが集まって、

忙しい中仕事の合間を縫って週一のスタジオを1年半も続けて

酔っぱけて「楽しー!」っていうライブをする訳でもなく

誰に頼まれた訳でもなく、

1年半ただ曲をつくってきた。



なんのため?



う〜ん、正直言って



分からん。



でも分かることはある。

それは

結構本気でやってきたってこと。



うん、そうやねん。本気でやってきてん。

それってスゴイことで、ただそれだけのことやねん。



そして、その「本気」を次に向ける場所…

どこやろなぁ…






2日前にふっと見えた。






「これ、オモロイわ!!」「本気でやる価値あるわ!!」って思うこと。

でもバンドやから、俺一人で決めれることじゃないし

ワクワクドキドキしながら、みんなに会う日を待ってた。



今日(もう明けて昨日やね)はスタジオの日。

みんなに話した。

「マジで言ってる?」

「うん、大マジ」

「ま、面白そうやし良いんちゃうかな」

ってなった♪






と、いうことで、






やりますよ。俺ら流で。






ワクワクとドキドキと、ビール腹を背負って、

おっさん達はやっちゃうわ。

今すぐにも言いたいけど

今準備中やからもうちょっとだけ時間ちょうだい。



「もったいぶってなんぼのもんやねん」て人、

ちゃんと期待を裏切れるくらいビール腹背負ってるで☆

と、いうことで次のターン、






血迷って彷徨って生きていこう!!





















2017年6月19日月曜日

手術行ってきました!!マジでエグイ鈍痛の特効薬はアレ?

痛い。

激痛でなく激鈍痛(肩こりの超エグイのみたいなん)

しかもなぜかお腹でなく左肩。

一体何があったんや???



どもども!ブログ更新再開するぞー!って言っての2日目。

別に毎日欠かさず投稿する訳じゃないからねw



今日は手術の日、

日帰り手術ってやつに行ってきました。







朝行って全身麻酔で眠って

そのまま起きたら終わってて

1時間様子見て水飲んで

2時間後にご飯食べて見て様子見て

異常なかったら帰る。



そんな楽勝簡単な手術です。的に解釈してたけど



なぜか左肩がめちゃめちゃ痛い。



穴開けたお腹よりも

体内でどうなってんのか知らんけど切り取った胆嚢のあたりとかよりも

ひたすら肩が痛い。

筋肉痛の超ひどいのみたいな感じ。



手術後寝てる時に

枕を使ったらダメらしくて

「寝返りは良いよ」って言われて

左肩は痛い(鎖骨のプレート取ったばかり)から

右を下にして寝てた。



その時からめっちゃ気持ち悪かったけど

麻酔覚めかけの気持ち悪さ(これ相当にBadな気分)で

あまり気にもならず(というかそれどころじゃなかった)

1時間ほどして麻酔が覚めてきてやっとダルさは戻ったけど

肩だけが異様に痛い。



看護師さんにも言ったけど「なんでかな?」

だし、先生にも言ったけど

「手術の時縛るから(なにそれ?)筋肉痛みたいなもんかな」

と言われて退院の許可もらったので帰ってきた。



が、マジで痛い。



お腹は、それなりに痛い。

ホッチキスでお腹に開けた穴4箇所留められてるから

そこもまぁ痛い。

でもどっちも「そらそうだよね」レベル。

肩だけがマジで痛い。



しかも鈍痛w



あっそうそう、ホッチキスね、

看護師さんが「ホッチキスみたいなもので穴(傷)を留める」

と言ってたけど、比喩的な表現だと思ってた。

傷口見たらマジでホッチキスw

銀色の、他に例えるならボディピ?

みたいなんが全部の穴(4箇所)に留まってた。

40前にして再び体に穴開けるとは思わんかったわw



退院の許可が出て、さすがに歩いて帰れなかったから

タクシー乗って帰ってきた。

家帰ってもガンガン痛い(でも鈍痛)のでとにかく寝た。

4時間くらいか?して起きて

まだ、というかなにも変わらず痛い。



薬も飲むし、なんか食べないとと思って

スーパー行って豆腐と白菜と鶏肉買って

茹でてポン酢で食べた。

まぁ鍋的なやつね。



看護師さんに

「本当は他所の病院では3日間くらいは入院する手術やから安静にね!」

と念を押して言われてたし

今日は飲まずに寝ようかと思ってたけど



あまりに鈍痛だったので缶ビール1本スーパーで一緒に買ってきた。

鍋的なものと一緒に頂いた。

もらった痛み止めも飲んだ。



効くねこれ。

「痛み止めはアルコールと一緒に飲むと効きすぎるから…」

と注意されるけど

要するにそれって



効果倍増。



ってことなんやねw

傷に良いことはないやろうけど

鈍痛が少し治った。

このブログが書けるくらいにw



みなさん、



激しい鈍痛には痛み止めとビールをどうぞ!



嘘やで!真似すんなよー!!

でもマジで効いたしな…

う〜ん、まぁいっか。

おやすみー!!






手術直後の眠ってる俺。ほっぺた食い込んでる。痩せよ…

2017年6月18日日曜日

ひっさびさの投稿。東京・大阪・淡路島、気づけば火事からそろそろ1年。

ひっさしぶりの投稿!!

長い事このブログ更新してなかったなw

色々あって止まってました。

色々って言ってもトラブルとかじゃないよ。



4月にROOTS FACTORYの公式サイトをリニューアルしたんやけど

そこをブログ化っていうんかな?

ブログ形式でサイト更新するようにして

ほぼ毎日更新してるんやけど

それに手一杯で全然こっちまで手が回らんかったw



このブログをやめてそっちだけやろうかとも思ったんやけど

家具とか関係ない事とかも書きたいし

より個人的な事を好き勝手に書くブログとして続けますw



4月にサイトをリニューアルしたのはさっき書いたけど

もう一個大きな出来事があった。

それはROOTS FACTORYに新しいスタッフが加わったこと。



10年前とかに、人をいっぱい雇ってた時期もあったけど

ここ数年はすごくそういうのを避けてきた。

それはなんでかっていうと、



めんどくさい。



ってのが一番の理由w

俺は人は好きやし楽しい事も大好きやけど

仕事になると結構人格変わる(意外と真面目w)ねん。



人を雇う上で一番めんどくさかったのが

「やる気を引き出す」みたいなこと。

手間とか労力とかじゃなくて

そういうのやってると自分が消耗するんよね。



さらに仕事を教えたり伝えたりもぶっちゃけめんどくさい。

そんなワガママな自分の性分に気づいてから

「あっじゃあもう雇うのやめよ☆」って思った。



で、モチベーションを最初から持ってて

目的意識や目標、価値観を共有できるような仲間というか同志?

そんな人と出会えるまで雇わん、というか出会えたらその時はその時

みたいなスタイルでやってきた。



久々にそんな人と出会ったので加わってもらった。

今は淡路島と東京と大阪で、

それぞれ頑張ってくれてる。



ふと考えると、

これってすごい事なんやなって思う。



今までずっと1拠点でやってたのを

この1年半で一気に3拠点になった。

別に儲かってるから増やしたとかじゃないねん。



適材適所じゃないけど、

「向いてる環境で向いてる仕事をする」

っていうのをやりたいなってずっと思ってて

でも「人」がいないとそれって成立しないから

それでずーっと「いつかそんな日がきたら」って思ってた。



ひょんな事から東京にお店をつくったけど

さっき書いたような理由があったから人は雇わなかった。

「共同でやる」的な感じでやってくれる店長を探して

それで浜ちゃんがやってくれてた。



雇ってないから完全に好きにやってもらってたし

それはそれで楽しかったけど

仕事として本気でやる感じではなかった。



あくまで「東京」っていう初めて場所で

(東京に限らず違う場所ってのが初めてやったけど)

土地勘というかそういう経験値を上げるってのが一番の目的やって

なんとかかんとか1年やって一応自分なりの感触は掴んだ気がしてる。



それは浜ちゃんのおかげやから、すごく感謝してる。

そして浜ちゃんがまた元の自由な浜ちゃんに戻って

店員さんのいないお店が残った。



正直、すっごい渋々「人を探してます」って書いた。

「これで誰が来るねん」てくらい条件も待遇も書かず

俺の気持ちとやりたい事だけ書いたブログやったけど

なんと人が来たw



そして4月からスタートして今で3ヶ月目。

めっちゃめちゃ頑張ってくれてる。

「モチベーションを上げる」ってのはまっぴらごめんやけど

モチベーションを持ってる人と

一緒に道を切り開いて進んで行くのは大好き。



崖やろうと砂漠やろうと、

どんな険しい道でも、そういうのは全然平気やねん。

むしろ楽しめるくらいw



東京と淡路島と大阪と、

それぞれの場所でそれぞれ真剣に取り組んでくれてる。

ほんまにすごいなって思う。



大阪はまだ絶賛工事中でオフィスも無い状態やけど

淡路島と東京はなんとか動き出した。

あっもし初めてこのブログ読んでくれてる人がいたら

なんのこっちゃ分からんと思うのでリンク貼っときます。



ルーツファクトリー燃えた!!とりあえずご報告!



↑去年の7/31に工房が火事で燃えた。

それで焼け出されて色々あって今に至るっていうw



そろそろ1年が経とうとしてる。

あの日から1年目を迎えるまでにはなんとか大阪もスタートしたいな。



あっめっちゃ個人的な事書くとか言いながら

めっちゃ仕事のこと書いてたわ。

まいっかw



ブログ、再開しまーす!!