2016年11月9日水曜日

トランプ大統領!?1秒先に何が起きるか分からない。だからこそ・・・

明日何が起きるか分からない。

明日どころか1秒先も分からない。

予想はするし想像もするし準備もするけど

でもやっぱり分からない。

だから未来は恐ろしくも楽しくもある。

全部分かってその通りになるなんてそんな楽しくない世界は

考えただけでもゾッとする。



今日ついにアメリカ大統領選の結果が出た。

クリントンさんだと思ってた。

別に応援してた訳じゃない。

トランプさんになるとは思わなかった。

なって欲しくないしあり得ないと思ってた。



「まだマシ」的な消去法的な理由で選ぶ人も多そう、

みたいな報道が目に付いた。

虚しい関わるほどに、入れ込むほどに失望する選挙、

なんか「あれ?それって・・・」って思った。



日本とアメリカは違うし、地方政治と国の政治も違うけど

民主党が勝って政権交代した時、

大阪の住民投票、

イギリスのEU離脱、

なんかそんなんと重なって感じた。



どんな結果が正しいとか

そんなことは分からん。

でもなんか一緒の何かを感じた。



焦り、苛立ち、鬱屈した不満、微かな希望、

そういったものが渦巻いてる気がした。



トランプさんに勝って欲しくなかった。

理由を考えた。

人種差別的な言動(報道のフィルターを差し引いてもあると思う)

女性蔑視な言動(これも同じ)



報道なんて様々なフィルターがかかってると思うし

考えや作戦もあって言ってるんやとも思うし

でも、そういう言動や伝わり方をする表現をする人が

アメリカのトップになって欲しくはないと思ってた。



でも逆に、クリントンさんの何かを知ってるか?

そう聞かれたら「え〜と・・・」って思う。

ガラスの天井を破る!!

つまり女性初の大統領を!!ってこと?

それって別に他の人でも良いよね?



オバマさんの奥さんと並んで写ってる映像で

「あれ?オバマ夫人カッコイイ」って思った。

政治的でも哲学的でもなんでもない。

立ち方、動き、表情、雰囲気、

そういう「なんとなく」でカッコイイと感じた。

「ガラスの天井ってなんやろな?」って思った。



結果を受けてインタビューを受けて話してる人、

世界を憂う人、希望に燃える人、

よその畑で自分都合で喜ぶ人、株価を機にする人、

みんなそれぞれの立場で色々感じてるんやなって思った。



今日のブログ、特に強く言いたいことはない、

と言うかハッキリしてない。

なんとなく、なんとなく書いてる。



決して希望に燃えてはない。

でも絶望してる訳でもない。

なんか「びっくり」してて

「あれ?この感じ最近何回もあったような・・・」って感じて

漠然とした不安と、気になる感じと

そしてなぜか分からない微かな期待を感じてる。



あの人にだけはなって欲しくないって思った

一番ありえない結果のはずなのに

なんだか期待してる自分もいる。



変化を望んでる。



それが一番なんちゃうかな?と思う。

そしてそれが実現しない(民主党のあの一瞬をどう考えるか?)日本と

どんな向きに飛んでくか分からないけど実現しちゃうアメリカ

これからどうなるか分からんけど

予想を裏切るエネルギーはやっぱりすごいなって思う。



今目の前に見えてる道は、

たった一つの道では決してない。

でも自分が歩けるのはたった一つのルートでしかない。

曲がることも寄り道も立ち止まりもできるし

なんなら引き返すこともできる。

でもたった一つのルートでしかない。

気づけば隣を歩く人はいっぱいいるかも知れないけど

でもやっぱり自分の道を歩くしかない。



今日という日がなんだかすごく気になって

何かが変わるはじまりの日な気もして

それが良い方のはじまりであって欲しいと思う。

そんな特にオチのない話。



写真の道は大正のとある道。

夜中にチャリンコで散歩してて、なんかすごく気持ち良いなって思って

道のど真ん中に寝転んで撮った写真。

なんかすごく今日の気分。

明日はきっともっと良くなるよね?



0 件のコメント:

コメントを投稿