2016年11月25日金曜日

所詮ちっちゃい人間。だから最後の瞬間まで精一杯いたいなって話。

愛媛から今帰ってきた。

もう何回めの愛媛か分からんくらい行ってるけど

行くたびに面白い。



あっちでは何気ない風景がすごい綺麗だったり

「田舎で何もない」って表現されるけど

実はめっちゃめちゃ大事なものがいっぱい詰まってたり。



都会は楽しい。

都会の夜景は綺麗。

夜遊びどころか朝までを超えて昼まで夕方まで遊んでる街、

大阪はそこまでは珍しいけど

渋谷や新宿はそんな感じがする。



夕方には真っ暗になって

夜10時にはもう深夜、

「遊ぶ所がない」とか言うけど全然そんな事なくて

星を見ながら散歩なんかしてたら

喧騒の街では絶対に感じられない気持ちで満たされたりする。



それなりに長くも生きてるし

知らないところ行くの大好きやから

北海道から沖縄まで大体の場所は行った事あると思うけど

日本て本当にでっかいなって思う。

いや、日本はちっちゃいか、

オーストラリアとかインド中国とかもっと比べ物にならんくらい

ばかデカイし

街の賑やかさももっとすごいとこもいっぱいあるやろし。



「そっか、自分が(人間の存在が)ちっちゃいんやな」



とかふと思ったりする。

ちっちゃいなりになるべく大きな世界を見たいし

ちっちゃく死んでいきたくないな、とか思ったりするけど

やっぱりそれでも人間なんてちっちゃいと思う。



そのちっちゃい存在がちっちゃい人生を生きてて

長い長い60年とか90年とか?

30年だと短いとか?

自然(ざっくりくくったけどw)て何万年とか何千万何億年とか

人間の尺度では数えれないくらい長い事あったりして



じゃあ人間以外の生命はもっと長いのかっていうと

1年も生きない命もあったりするし

長いから偉いとか短いから偉いとかそんなんじゃなくてね

「自分の生きる時間とどう向き合うか」ってのが

めっちゃ大事やし、それしかできんねんやろうなって思う。



それに失望して諦めちゃったり

早々終わらせちゃったり

逆にしがみついて苦しんだり

それもまたそれぞれなんやけど

俺は「精一杯」でいきたいなって思う。



しがみつきも未練も持たず、でも諦めも放棄もせず、

ただ「精一杯生きる」ってのやりたいなって思う。

ちっちゃいなりにも精一杯。



「は?だから?」



って言われそうやけどw

でもなんかそう思うし、それが俺には楽しい。



あと何年?何十年?俺の時間があるのかは知らんけど

精一杯いろんな人と会って

精一杯いろんなものを見て

精一杯いろんなことをやってみて



最後の瞬間には「あ〜楽しかった〜!!」

って言いたいなって思う。

もしその時喋れなかったら感じるだけでも良い。



なんかそう思ったよ!

っていう、そんなブログw



0 件のコメント:

コメントを投稿