2016年9月14日水曜日

引越す一番の理由。自宅を大切な人を招ける場所にする!

ついに引越しする事になった。

今のマンションに住んで気づいたらもう6年超えてた。

どっちかって言うと悪くないというか、そこそこいい家やったけど

引っ越したいなーとは少し思ってた。



初めてこの部屋に来た時、友達の不動産屋さんに案内してもらって

部屋に入ってすぐ、窓から見える景色で借りることを決めた。

タワーマンションとかに比べたらそんなに高層ではないけど

窓から見える景色のスカッと抜けた感じがめちゃ気に入った。






ずっと仕事ばっかりしてるからそんなに家にはいないけど

家に帰った時、朝起きた時にベランダから外を見たら、

なんか「がんばろ☆」て思えて、それって俺にとっては結構重要で

「寝れたら良い」って考え方もすごく分かるけど

でも家具屋がそれ言ったらアカンよな・・・とか思ったりw



で、まぁ何やかんやで6年住んだんやけどこの度引越すことにしました。

引越し先の家は見晴らしは全く良くないです。

少し広くはなるけど他は今の方が良いんじゃないかと思う。

でも引越すことにした一番の理由、



自宅を大切な人を招ける場所にする!



それが一番の、っていうかたったひとつの理由。

今の家は俺にとってはすごく心地の良い大好きな家。

でもお客さんを招く家ではなかった。



お客さんて商売の話だけじゃなくてね

大切な人って意味。

大切な友達が大阪に来てもてなしたい時、

大事な話をゆっくりしようっていう時、

その場所は自宅ではなかった。

良い雰囲気のお店だったり大好きな場所(秘密のスポット)だったり。



いち人間としてはそれで全然良いと思うんやけど

家具屋としてどうなん?

って思いがあった。

家具屋としては、自宅もちゃんともてなしのできる場所にしたいなって。



ROOTS FACTORYが火事で燃えて以来、

また色んな事が変わった。

焼け出されちゃった事で今までの「前提」みたいなのがなくなっちゃって

それは困った部分も大いにあるけど



リセットのチャンスと思うようにしてる。



大きな場所だったからこそ手が回らず行き届かなかった事もあって

昔の宿題がずっと残ってたような部分もあった。

片付けちゃんとできてないエリアとか捨てるに捨てれなくなってたものとか。

そういうのが結果的に「やるしかない」状態になった時に

「じゃあどういう形が理想なんやろう?」って考えたり。

すでに進んでるとできない考えが、止まるとできたりするんよね。



しかも手続きや事務処理的な事が圧倒的に多いから

こっちのペースでじゃんじゃん進めない。

だからこそ振り返る時間てのが勝手にできちゃったり。

なんだか不思議やな、って思う。

自分でやろうと思ってもできない事がするしかない事になってる感w



そんなこんなで自宅も引越す事にした。

「ROOTS FACTORYからめちゃ近い」っていう理由がなくなるから

もう引越すタイミングってことやんねw



家具もちゃんと置いて今度こそ「見せられる」くらいがんばろw

新居は10月には入ると思うので

遊びに来てね☆



0 件のコメント:

コメントを投稿