2015年11月18日水曜日

ずっと下書きの話から、この街に最も要らん人!まで言っちゃったw ほんで大阪市長知事選です。

8/31の夜に書いてたブログがあって、

なんか「しっくりこないな」って思いながら

UPしちゃおうか寝ようか、どうしよう・・・って思ってた時に

FBで突然メッセージが来て電話して・・・

そっからまぁ色々あってね。

その話じゃなくてその書きかけてたブログね

なんかそんなたいした内容のブログじゃないんだけど

アップする気にも削除する気にもなれなくて

ずっと「下書き」のままおいてある。



ここ数年の自分のテーマみたいな事で

なんかあるとすぐそこにいっちゃうんやけど

答えは最初から分かっててでも理想論というかキレイゴトというか

「いざ」って時に自分が本当にどういれるか?

結局それが大事でいくら屁理屈こねててもそれが全て、みたいな。



今週末選挙がある。

大阪の市と府の長を決める選挙

大阪市長知事選挙っていうらしいわ。

なんで市長が先?って思ったりもするけど

まぁそんなんはどうでもいいかw



え〜とね、

綺麗事の話。

自分がずっと向き合ってるテーマは

「反対側の立場」みたいな事やねん。

それでね、反対側の立場っていうのももちろん色々あるんやけど

それって自分or相手っていうシンプルな関係の時で

平面的な位置関係なんよね。

だから例えば相手を気遣うなら自分がそれをやればいい、みたいな

心の負担でいうと結構シンプルな位置関係。



でもね、政治家のそれってぜんぜん違うなーって思う。

あっちを立てればこっちが立たずで

どっちも立てたいけどそうもいかずで・・・

そんな時にどうするのか?



あくまで俺の個人的な感覚なのかもだけど

一番つらくてすごいのが、自分の信念に基づいて

右左、白黒をつけちゃってそれを自分が背負うって姿勢だと思う。

本当に覚悟がいるし嫌われるし、

感謝ってびっくりするほどすぐ忘れられる。

恨みはめっちゃしつこいけどね。



対極のすごくしょうもないと思うのが

どっちも立てるモーションしながら愛想振りまいて

もたもたもたもた時間稼ぎして

結局うやむやにしちゃうってやり方。

八方美人だっけ?

さらにその下や裏でなんか押さえるとこ押さえてんのかもだけど

それって結局まったく信頼できる人ではないと思う。

あくまで俺がね。



例えばね、

「◯◯さんには内緒なんだけど」とか

「まだ世には出回ってない情報なんだけど」とか

「おいしい話」とかね。

美味しいのは料理だけで十分!って思う。

そういう話を聞いたりしたり浸かってる時の自分って

どんどん景色が薄汚れて見えるし楽しくなくなるし

なんか全然素直に笑えない。



俺はね、この街で生まれてこの街で育って

あっちゃこっちゃフラフラしたりもしたけど

やっぱり好きなのは好きやねん。

腹立つ事とか嫌いな部分とか山ほどあるし

ここが最高の場所だなんてまったく思ってないけど、

でもやっぱり大好きな大切な街やねん。



この街がどうなっていくのかすごく気になってる。

この街がもっと笑顔のあふれる街になって欲しいと思ってる。

カオスなこの街がすごく楽しいと思ってる。



この街っていうよりね

この街で生まれた人が持ってるエネルギーってスゴイもんがあると思ってる。

色んな街の色んな人が色んなエネルギー持ってるんだけど

この街にはやっぱりオリジナルでスペシャルなもんが流れてると思う。

めっちゃ濃いのが。



もっとカッコイイ、とか

もっとあったかい、とか

もっと洗練されてる、とか

他のすごさでは「勝てんな」って思うようなのいっぱいあるけど



「濃さ/カオス」って事では

まじでどこにも負けない気がする。

あくまですっごい俺の主観やけどね。



そんな街のね、俺が思うスゴイ奴らは

どんどん街を出て行っちゃってて、

それは俺もすごく理解できる。

だってもっと面白い場所があったらそっちに行けるなら行くよね。

それは行ける力があったら当然そうだと思う。



俺が尊敬する地域活性のスペシャリストの人とね

こないだ話しててすっごい印象に残ってるのが

ある地方都市の地域の長その人に相談に来てね

「どうしたら若い人をこの土地に引き留められるか?」みたいな事を言ったんやって、

それでその時に

「引き留める必要は無い」って言ったんだって

まったく同感。

「引き留める」って発想がまずもうネガティブだもんね。

それで活性なんてあり得ないと思う。



そこに求めるモノがあればそれを求める人は勝手に集まってくるし

そんな人がどんどん集まったらもっとスゴイモノに変わっていく。

磁力みたいなもんよね。

「集まる」っていう磁場を創りたかったら

ホンモノのキッカケとかハジマリとかを頑張って創れば良いだけ。



日本の習慣で大っ嫌い(嫌いって言葉は封印してるけどあえて言うね)なのが

「それは前例が無いので・・・」

っていう断り言葉。

新しい事やるのに前例なんてある訳ないやん。

なんで前例が必要?

前例があればそれでいつでもうまくいく?



煮詰まってマンネリしてるなら

新しい事やらないとなにも起きない。

そこに前例なんて要らない。って思う。

めちゃめちゃ真剣に検証は要る。

あらゆる角度からシュミレーションして

あらゆるリスクを考慮して

それは「前例ある事」よりはるかに難しい。

でもだからその先に「素晴らしい事」が起こり得るんだと思う。



ここまで読んでもらった人には普通にバレると思うけど

俺は今回の選挙で「こっち」って迷わず決めてる。

でもそれはあくまで俺の考えで俺の思いやから

間違ってるかもしれん。

人に自分の考えを押し付けるのって別に好きじゃ無いし

あんまりそういうのは興味無い。



でもね、今回はすごくすごく大事な 決断になると思うしさ、

俺が絶対これは間違いないって思うのがさ、

とにかくみんな投票に行こう!

って事。

前例の無い投票率にしようよ!

それは、それだけはどんな主義の人もどんな立場の人も、

真っ当に物考えてるなら一緒のはず。



もし、

投票率が低いほうが良い

って考えてる人がいたとしたら

それは断言する。

この街に最も要らん人やわ。

俺らの街やからさ、俺らで決めようよ。

みんなで決めよう。

いつまでも開票終わらんくらいで良いよ。

今週日曜。

期日前投票も簡単にできるよ。

大阪がもっともっと熱く楽しい街になりますように・・・








0 件のコメント:

コメントを投稿