2014年5月2日金曜日

作品忘れちゃったんですけど・・・感激したw

ROOTS FACTORYに一本の電話がありました。

「作品忘れちゃったんだけど置いてありますか?」って内容のお電話。

作品。


先日のロハスフェスタで、初のワークショップ併設出展をしました。

用意した素材にペイントしてもらって

オリジナルの小さなフォトフレームやフラワーポットをつくる

というワークショップです。


今回のロハスフェスタは3日間開催、

ワークショップやる事は予定していたんですが、

例によってPOPやディスプレイが追いつかず

初日の金曜日は「ワークショップやりたいんですけど」

「あっすいません!!準備まだ出来てなくて!ごめんなさい!!」

って感じでした。


2日目土曜日、

昨日の事もあったので今日は絶対やってもらえるようにしよう、って事で

なんとかブースをつくりました。


通りかかったちびっこが「あれなーに?」

「やりたーい!!」

とおねだり、

看板もなく場所もほとんどとって付けたような臨時の場所で

超ー熱心にやってくれました。

かなりのんびりした空間だったので超ハマった男の子が2時間もやってくれました。

その後に2組ほどやって頂いて、合計5組程度のワークショップでした。

その日の帰り道に色々思い返してみました。

熱中するキッズの顔、できあがったモノをすごく誇らしげに眺める顔、

大事に大事に持って変える姿・・・

う〜ん、明日の最終日はもっと本気でやってみようかな。


という事で翌日


看板を描いて(写真撮ってなかった・・・)ブースをつくって

ワークショップですよ!ってレイアウトにしました。

朝一番に通りかかった親子連れ、

3歳くらいかな?

「なにあれやりたーい!!!」

って事でお母さんにもらった500円玉を握りしめて

「お願いしまーす!!」

という感じではじまりました。


熱心に楽しそうにやってる姿を見た通りすがりのちびっこが

「わたしもあれやる〜」

「ぼくもやりたいー!」

と続けて2組くらい一気に参戦。

「やったね、今日は盛り上がりそうだ☆」

とか余裕ぶっこいていられたのはそのあたりの開始30分くらいまで・・・


ロハスってね、

ものすごい数の人がくるんです。

数万人が公園でピクニックがてら遊びにくる。

もちろんちびっこがいっぱい。


完全にナメてました。

いつも家具の出展だから、「ゆっくり見てもらう」が普通。

「次から次で目が回る」とかは他所の事で、どっちかっていうと

「ぼー」っと店番してる感じ。

「時間長いよなー」とか思うくらいです。


この日はヤバかった・・・

最初の30分以降、

のんびりペースはどこへやら・・・

「やりまーす!」と、ちびっこグループ5人くらいが来たあと

入れ替わり立ち替わりで、もー現場は大混乱w

ひっきりなしに子供達がやってきてくれて、

朝9時半から4時半の終了まで途切れなくぶっ続け・・・

トイレも必死のダッシュで行ったくらいで

お昼も食べれんしでもうえらい騒ぎでしたw

いわゆるバズってる状態。


写真撮れたのは前半のゆっくりな時だけだったのでその場が分かる写真がないんですが

こうやって乾かしてたのが場所が足らなくて同時に30個くらい並んだり、

ダンボールいっぱいに用意してたフォトフレームが無くなった(売り切れ)り、

10本以上もって来た筆が1人1本なのに全然足りなかったり、

どえらい騒ぎでしたw


忙しかったのはどうでも良いんですが、

嬉しかったのが乾燥させて仕上げたものを取りに来た時の子供の顔。

得意げだったり感動してたり友達と賛美しあったり・・・

すっごい楽しい「思い出づくり」のお手伝いが出来たんだなって実感。


あっそうそう、

それで冒頭の話に戻るんですけど、

2組分だけ引き取りに来られなかったんです。

2日目の2個と、3日目の2個。

ロハスの会場だだっ広いし、

きっとブース分からなかったんだろうなぁと思いながら大事にもって帰ってました。


たった500円のフォトフレームです。

買い物して忘れたら絶対「あ〜あ」程度で諦めちゃう額、

でも家に帰ってたぶんパンフレットとか見てROOTS FACTORYを探し出して

電話までかけてきて「ありますか!?」って言ってくれる・・・

「宝物」なんですよね。

それをいっぱいつくるお手伝いができた事、

それがめちゃめちゃ嬉しくて感慨深いです。

こういう「気持ち」を家具づくりとかに活かしたいなぁってすごく思いました。


いやーワークショップ熱かった!!

ほんでテントから半分出てた身体、半袖からむき身の腕、

完全にポッキーがさらに皮がめくれるくらいヒリヒリしてます。

日焼け止めも絶対やわw






0 件のコメント:

コメントを投稿