2015年9月15日火曜日

つくるって事と家具と「思いっきり好きなように生きる」って事と仕事のこと。

ROOTS FACTORYの近く大阪の桜川にできる新築マンション


のモデルルームの家具をつくらせてもらいました。


まだ最後のディスプレイとか最中なんだけどもうじきOPEN。

めっちゃこだわってつくったので是非見に来てね!

っていう宣伝から始めたけども、今日は

つくる事について書きたいな、って思ってブログ。

「どうでも良いやん」って言われる事に変にこだわったりするとこあるんやけど、

「つくる」っていうのを言葉にする時に、

「作る」「造る」「創る」って色んな意味がある。

どれか明確な時は漢字にして書くんやけど

最近ずっと「つくる」って表現するようになってて、

それは「作る」「創る」の両方だったり、

「造る」を入れたかったりで、

「つくる」が一番しっくりくるから。



今回ファインセントレオシティさんのプロジェクトは、めっちゃ楽しかった。

要望は頂いたけど基本「指示なし」の状態。

つまりかなり「やりたい放題」やらせくれた。

もちろん予算は決まってるし、

「それはNG」とか「B案の方で」とかそんなんは当然あるんやけど、

根本的に「やりたいこと」をさせてくれた。

これって企業さんとのお仕事ではほぼあり得ないくらい幸せな事。

だから行間というか打ち合わせしきってない余白の部分に

思いっきり愛情を詰め込んだ。

実際につくるのは ROOTS FACTORY 工房なので、

俺は職人としてでなくアイデア出したり細かなディテール決めたり、

直接「作った」部分は多くないんだけどねw



オーダーメイドの家具を注文してくれるお客さんも、

最近すごく「余白」や「行間」をくれる。

これがもう幸せで幸せで仕方ない。

俺の(ROOTS FACTORY全体かな)やりたい事って、

結局お客さんに喜んで欲しい!が最終目標だから

お客さんの好みや生活スタイルとかはめっちゃ気にするんだけど、

それを「こうですか?」「ここがツボですか?」みたいなやり取りしながら

お客さんが「考えてた以上」のカタチにしたいっていうような事。



だから依頼前にすでに完全に完結してて、

ただ機械のように忠実に効率良く指示をこなしてくれる外注先を探してる。とか、

明確な欲求やイメージじゃなく「なんか流行ってるから」とかで中身のないまま

それをカタチにしようってオーダーとかとすごく相性が良くない。

明確な欲求とかイメージって別に難しい事じゃなくて技術も経験も要らない。

例えば「カワイイ私が大好きな椅子が欲しい!!」ってあったとして、

その色や形や仕組みなんかは全く不明でも全然構わない。

でも「これが好き」って感覚だけは内側から出てる「本質の欲求」みたいな意味。



「仕事なんだから文句出ないように取り決めだけしてそつなくこなす」が

きっと世の中のだいたいの正解なんだろうと思いながらも、どうしても苦手で、

そういう感じになりそうな案件て頑張って断るようにしてる。

「頼みたい」って思ってくれる時点でめちゃめちゃ嬉しいので、

本当は何でもかんでもやりたいんだけど、

しっくりこない時は断るのも誠意なんだなって。

けっきょく自分の 性分で「やりたい事しかできない」んだなって思う。



そんなだから「家具つくりたい」って家具屋さんからつくっちゃった訳だしw



そんな事をずっと命がけでやってるので、

いわゆる「おいしい仕事」なんてのには全く縁がないけど

ありがたい事に仕事が楽しくて仕方ない。

こんなややこしい俺に関わってくれる人って本当に素敵な人ばかりで、

すごく沢山のめっちゃ素敵なエネルギーを毎日もらってる。

本当に幸せやなって思う。



こないだ弟が突然死んじゃってすごく悲しいしまだ半分実感ないくらいだけど

その事がきっかけで弟が大事にしてた、弟を大事にしてくれてた人達と

一気にたくさん知り合った。

ずーっと音楽漬けの音楽バカ(最高の敬意を込めて)ばっかりの最高にハッピーで

最高に素敵な人達ばっかりで、全然違う環境なのに同じ言葉を話せてビックリした。



昔にね、ちょこっとバンドやってた。

その時はそれにすごく真剣で、今思うとツッコミたくなる事山ほどあるんやけど

でも本当に命かけてた。

ほんで13年くらい前に会社(まだ登記してないけどねw)はじめて、

色々あって家具屋になって、

それで今があるんだけど、

自分が進んできた道には一切後悔はなくて、

あっ失敗や粗相は山ほどあるよw

そういう意味じゃなく「あん時ああしとけば良かった」とかは一切ないって意味。

ほんで今の自分や今の自分の周りにいてくれる人逹に

最高に感謝してて最高に誇りに思ってるんだけど、

「この道を来なければどうなってたんやろ?」って興味はあった。

この興味っていうのが肝心ね、純粋な好奇心というか、つまり興味。



そんでね、色んな道があるなかでひとそれぞれ違う道を生きてくんやけど

その全然違う道だけど自分が大事にしてた道で、

たまたまバッタリ出会った時に

同じ言葉が話せた事が本当に嬉しかった。

なんか意味わからんと思うけどw



同じ言葉が話せるって事は、

今俺の周りの大切な人達と、弟が大事にしてきた世界の人達と、

同じ言葉が話せるって事。

ちょっと乱暴にくくっちゃってるかもやけどだいたいそんな感じ。



そんでね、だいぶ脱線して何が言いたいかっていうと、

思いっきり好きなように生きろ!!

って事w

人に迷惑をかけないとか、そんなんは当たり前、

人に迷惑をかけたり、人の悲しむ事が楽しい人とは俺は合わない。

人それぞれ考えや大事な事があって、それが違うのは当たり前、

でもそれをお互い尊重さえできてれば、

本当に好きに生きたらええねん!って思う。



ほんで「つくる事」の話に戻る。

家具でも音楽でも料理でも

「つくる」って事は同じだと思う。

コピペやレシピやリプロダクト、コピーに版権に色々あるけど

やっぱり「つくる」の基本は同じで、

それを改めて実感できたのがすっごく面白かったし、

嬉しかった。



ほんでこんな事を書いてる最中に赤ちゃんから電話があって、

「え?このタイミングw」って、

本当に繋がってるなって思った。


赤ちゃんは弟が東京で兄貴って慕ってた人の一人で

今回めっちゃ仲良くなったまさに今このブログに書いてたひとり。



ほんでね、

「思いっきり好きなように生きろ!!」もともと俺の大事なポリシーなので

命がけで実践してる訳だけども、それはすごく信念的なものなので

おっきな事があったら好きな事もやりたい事も微妙に変化する。

今、やりたい事が増えちゃって、

「いつかやろう」って思ってた事も今やりたくなっちゃったw



その事についてはまた別の機会に書くかお知らせするかすると思うけど、

なんか今日はこんな事がただ書きたくてw



「分かる!」って人、

思いっきり好きなように生き続けようね☆



0 件のコメント:

コメントを投稿